競泳女子の山口美咲が引退を表明「リオ五輪/競泳女子400mリレー」

リオデジャネイロ五輪の競泳女子400mリレーに出場した
山口美咲選手が引退を表明しました。
山口美咲 競泳女子400mリレー.jpg
山口美咲選手は2008年の北京オリンピックには4×200mフリーリレー代表していますので
今回2度目となる五輪出場となりました。

競泳女子400mリレーの出場者は
「内田美希」「池江璃花子」「山口美咲」「松本弥生」4名で決勝まで進出しましたが、
結果は「3分37秒78」で8位。悲願のメダル獲得はなりませんでした。
リオ五輪 競泳女子400mリレー 内田美希、池江璃花子、山口美咲、松本弥生.png

引退発表では、
山口美咲.png
「最高の水泳人生でした」
「人生の9割が水泳だった」


と涙を潤ませながらコメントを残した山口選手、長年の間、女子自由形で競うライバルとして
切磋琢磨してきた松本弥生選手と共にリレーメンバーとして出場したリオ五輪はとても
素晴らしい時間になったのではないでしょうか?
スポンサーリンク


【すれ違いのオリンピック】
お互いライバルとして女子自由形を引っ張ってきた山口選手と松本選手ですが、
「オリンピック」に一緒に出場する事がなかなか出来ずにいたそうで、

2008年北京五輪に山口美咲選手は出場するが松本弥生選手は出場できず、
2012年ロンドン五輪は松本弥生選手は出場したが、山口美咲選手は出場を
逃し、なかなか二人一緒にオリンピックへいく事は叶わなかったそうです。


2012年のロンドン五輪後にお互いに引退を考えていたようですが、
「二人で一緒に五輪へ」という気持ちで今回のリオ五輪につながった
そうです。

結果は、8位入賞とメダルには届かずに終えた山口選手ですが、
競泳人生の幕引きの舞台がオリンピックで、しかも誓い合った友と
共に出場した事は一生の宝物だと思います。

「ロンドン五輪後からの4年間という時間」

二人が、同じ夢をみて努力してきた時間を考えた時によっぽどの
強い意志がないとなかなか出来ない事だろうと思いました。
山口美咲&松本弥生.jpg
どの国でもメダルの数を競う感じになってしまっていますが、
二人の歩んできたリオまでの道のりを知り、

「続ける事の大切さ」

を学んだ気がします。

現在26歳の山口美咲選手、トップアスリートとしての競技人生を終えるわけですが、
今後はどのような人生を歩んでいくのでしょうか?

競泳界に留まるのであれば、きっと良き指導者になるのではないでしょうか?
今後の山口美咲選手の新たな挑戦を応援致します。

【山口美咲のプロフィール】
山口 美咲(やまぐち みさき)さんは1990年1月20日生まれ、長崎県諫早市出身の
競泳選手。種目は自由形です。近畿大学附属高校→近畿大学。イトマンSS所属

以上、最後までご覧いただきまして有難うございました(^^♪